忍者ブログ
Admin / Write / Res
ツマグロスズメバチなんて見たことも無い・・・。それもそのはず、ツマグロスズメバチは沖縄よりも南にしか住んでいないスズメバチだからです。出会う機会の少ない、貴重なスズメバチです。
<< 07   2017/08   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31     09 >>
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ツマグロスズメバチってどんなスズメバチ?

ツマグロスズメバチは沖縄以南にしか
いないスズメバチで、普段は観られない分
どんなスズメバチか判らない方も多いかと思います。

身体は赤褐色で、腹部は黄赤色と黒色のツートン
カラーなのが目立ちます。

体長は、女王蜂25~28ミリ、働き蜂と雄蜂は
20~22ミリになります。

沖縄以外にも、熱帯地域において多数の亜種が
見つかっています。

スズメバチの巣をまるごと生け捕り!-会津のスズメバチハンター
PR
ツマグロスズメバチは沖縄以南にしかいない
スズメバチです。

石垣島では4月に女王蜂は越冬から目覚め、
単独で営巣を開始します。

スマトラ等の熱帯地域では女王蜂が
複数で巣を作る場合もあります。

働き蜂は5~10月に羽化し、
雄蜂は9~12月、
新女王蜂は10~12月に生まれてきます。
ツマグロスズメバチは、木の枝や草むらなどの地表付近から
高いところでは十数メートルの高い木の枝の中にも巣を作ります。

女王蜂は、面白いことにコガタスズメバチと
同じように徳利型の巣を作ります。

違う点は、コガタスズメバチほど顕著に発達はしないようです。

その後、働き蜂が羽化すると、巣は球状または、楕円形に
まで発達します。

巣は、直径30センチから70センチに、巣盤数は4から6段に、
育房数は800~4000個にまでなります。

スズメバチの最盛期でである9~10月には、働き蜂は100~800匹に、
雄蜂や女王蜂はそれぞれ100~800匹ほど生まれてきます。

そのときによって巣の規模は違ってきます。

ツマグロスズメバチの食性はかなりいろいろです。

うまり、「なんでも屋」。なんでも美味しく頂くそうです。

ちなみに、ハエやアブ、バッタなどなどが
捕獲の対象になります。

このツマグロスズメバチは沖縄以南のみに
生息する、本州には見られないスズメバチで、
マンゴー、パイナップルなどの沖縄特産の
果樹も喜んで食べに来るそうです。
ツマグロスズメバチは本州に生息しない分
出会う機会は少ないとは思いますが、
攻撃性や威嚇は強いそうです。

沖縄などではパイナップル栽培が有名ですが、
このパイナップル畑での農作業中に
被害に遭うことがあるそうです。

知らず知らずのうちに巣に刺激を
与えたのが原因だと思われます。

参考図書:社会性カリバチの生態と進化
新着情報
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
バーコード
アーカイブ
ブログ内検索
Copyright ©  ツマグロスズメバチは沖縄より南にしか生息しないスズメバチ All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]